🍷富士通が台湾ファミリーマートにてブロックチェーン実証実験を開始 💹

🐠日本の富士通が、台湾ファミリーマートにて、

🐠ブロックチェーンを使ったクーポンの配布や、

🐠 来客対応ロボットの導入などをし、

🐠デジタル技術を活用した店舗づくりに向けて実証実験を開始したことを発表しました。

🐠今回の導入の目的として店舗の集客向上や業務負担の軽減を目指すとしています。

🐠台湾では3,000店舗以上のファミリーマートを運営している全家便利商店と、

🐠現地のベンチャー企業と提携し先月29日から開始しており、

🐳まず実験店舗として台北市内のファミリーマートの店舗、重慶店で行います。

🐳今のところ実証実験の段階ですが、

🐳 ブロックチェーン技術やロボットによる効果があれば、

🐳 今後日本のファミリーマートにも導入する事も考えられます。

🐢コンビニ業界では従業員確保が難しい現状があり、

🐢その穴埋めとして近隣の外国人留学生のアルバイトを雇っている事もありますが、

🐢それでも負担が大きく従業員の育成にも時間がかかります。

🐢富士通のブロックチェーン技術で今のところはクーポンに、

🐡交換できるスタンプの取得履歴やクーポンの利用履歴といった顧客情報を管理するのに、

🐡利用するとしていますが、今後ブロックチェーン技術やロボットを使う事により、

🐡従業員の作業が減るとなると雇用の面においてもコスト削減と

🐚従業員の定着化を見込むこともできます。

🐚 今後、AIや手のひら静脈認証などを活用した取り組みについても検討していくとしており、

🐚進化し続けるコンビニ業界から目が離せません。

🐞参考:富士通