マジ得!🎆カリスマ主婦が厳選する株主優待の「おいしい外食銘柄15」

激しい乱高下が続いている日経平均。自分のポートフォリオを見るのも嫌になってしまいますが、そんな時は気分を変えて、株主優待で外食を楽しんでみませんか?   こんにちは、まる子です。皆様、優待ライフ楽しんでいますか。

 さて、株主優待と言ってもさまざまなジャンルがあります。人気なのは誰でも使えて有効期限のないクオカードやギフトカードの「金券類」。また会社のおススメ商品が詰まった「自社製品詰め合わせ」や選んでも届いても楽しい「カタログギフト」。最近ではポイントで商品が選べるプレミアム優待俱楽部を導入する企業も増えています。

 ですが、やはり使って嬉しい株主優待のNo.1は「外食」。いつもランチでお世話になっているあのお店、今日は家族サービスでファミレス、オシャレなカフェで女子会やちょっとリッチに高級フレンチなど、食事を楽しむ優待は種類も多くジャンルもさまざま。お腹も満足、お財布にも優しい外食銘柄、今月はじっくり研究してみましょう。

 まずは基本から。株主優待はいくらお得と言っても使わなくては意味がありません。銘柄選びに重要なのが「使えるお店が近くにあるか」。

 自宅でも会社でも、よく行く観光地でも、使えなくてはただのゴミになってしまいます。また夜の外出が難しい主婦の方は、ランチ営業をしているか、テイクアウトが出来るかなどをチェックするのもお忘れなく。

 私が気にしているもう一つは、「優待額面」。同じ3000円の優待額でも、3000円1枚の優待券と500円6枚の優待券では使い勝手に大きく差が出ます。

 優待券はお釣りが出ないのが普通ですので、大勢での会食の際に3000円の優待を使うのは良いですが、普通お一人様ランチですと1000円前後。お釣りの事を考えると額面が少額のほうが使いやすいですよね。

 他にもクーポンや他の割引券と併用でき、よりお得に使えたり、長期保有制度があったり、近くに店舗が無くても商品と交換できたり、銘柄によって千差万別。

 また、業績面でも配当を出しているかも気にしています。せっかく優待目当てで株を買っても業績不振で減額や廃止になってしまったら元も子もありません。

 優待銘柄の一番のリスクは優待改悪のニュース。東証の開示情報(https://www.jpx.co.jp/listing/disclosure/)はマメにチェッすることをおすすめします。

 ご自身の生活に合った外食銘柄は必ずあると思います。一番のお気に入り銘柄を是非探してみて下さい。

株主優待のおススメ外食銘柄をズラリ一挙紹介!

 まず紹介するのは「外食の優待銘柄と言えばコレ」という外食銘柄です。どの銘柄も全国区で店舗数も多いです。優待も使いやすく、ご家族皆さんで楽しめます。吉野家コロワイドは商品との交換もできるのもありがたい。

 人気の優待銘柄は相場が下落しても、優待を目的でガッチリホールドされている方が多いので、思ったほどマイナスにならない安心感も。まずはここから外食の優待を始めてみるのも良いかもしれません。


●社名:吉野家ホールディングス ●コード:東1・9861 ●権利月:2・8月 ●優待内容(100株):飲食券300円×10枚

優待額面が300円なので使いやすいのも魅力の1つです。「吉野家」だけでなく「はなまるうどん」、「ステーキのどん」、「フォルクス」などでも使えるので、牛丼はお父さんのランチに、ステーキは家族サービスと使い分けても。


●社名:日本マクドナルドホールディングス ●コード:東J・2702 ●権利月:6・12月 ●優待内容(100株):1冊にバーガー類、サイドメニュー、飲物、3種類の無料引換券が1枚になったシート6枚

バーガー類、サイドメニュー、飲み物と好きなものをチョイス出来ますし、お腹の減り具合で、バーガーだけ、ドリンクだけと使い分けが出来るのも魅力。期間限定のバーガーも選べるので、どう組み合わせて、一番「お得」を考えるのも楽しいです。


●社名:すかいらーく ●コード:東1・3197 ●権利月:6・12月 ●優待内容(100株):飲食代割引カード3000円相当

全国どこにでもあるすかいらーくグループ各店舗でつかえるので、使いやすい優待のひとつ。ファミレスなので、ご家族皆さんで楽しめます。各種割引券との併用も可能なので、よりお得に使えます。


●社名:コロワイド ●コード:東1・7616 ●権利月:3・9月 ●優待内容(100株):株主優待ポイント20,000ポイント付与(500株)

投資額は150万近くになりますが、年間4万円分のポイントは魅力。ポイント制なのでお釣りの心配もなく、商品との交換も出来るので無駄がありません。アトム(7412)、カッパ・クリエイト(7421)と相互利用可能なので、投資の予算に合わせて選べるのもありがたいです。

株主優待でお寿司、ステーキ、カフェを安く楽しむ

 次におすすめするのは、「社名を聞いただけではどんなお店があるのか良く分からないグループ」。

 店舗展開が複数業態で、お寿司やステーキ、カフェやビュッフェなど優待券を使えるお店が幅広く、どこで使うか迷ってしまうほど。気になるお店を見つけたら、どこが経営しているか調べてみると、思わぬ外食優待銘柄に出会えるかもしれませんよ。


●社名:クリエイト・レストランツ・ホールディングス ●コード:東1・3387 ●権利月:2・8月 ●優待内容(100株):優待食事券3000円相当

店舗数とバラエティに富んだ業態の多さに、毎回どのお店で使おうか迷ってしまう優待です。新しく出来た東京ミッドタウン日比谷には8店舗も入り、楽しみが増えました。額面500円なのもありがたい。


●社名:テンポスホールディングス ●コード:東1・2751 ●権利月:4月 ●優待内容(100株):8,000円相当の食事券(1,000円×8枚)

中古厨房機器のリサイクル販売の会社ですが、グループ傘下の「あさくま」で使える優待券を出しています。ジューシーなステーキや豊富なサラダビュッフェなど満足できるメニューが揃ってます。


●社名:DDホールディングス ●コード:東1・3073 ●権利月:2月 ●優待内容(100株):6,000ポイントまたは株主優待券6枚

こちらの優待も使える店舗と種類が豊富。居酒屋からちょっと面白いコンセプトカフェまで、非日常も楽しめます。DD POINTの会員になるとお誕生月にはプレゼントポイントもいただけます。

「銀だこ」も「丸亀製麺」も株主優待で食べ尽くす!

 会社員の方におススメな次のグループは「居酒屋」。テンアライドは1000株まで比例で優待額が増えるので、気に入ったら買い増しを検討しても。ただ、今のところ無配なので、投資判断にはご注意ください。大庄のカタログで頂ける高級デニッシュ食パン「MIYABI」も美味しいですよ。


●社名:テンアライド ●コード:東1・8207 ●権利月:3・9月 ●優待内容(100株):株主優待飲食券(500円×2枚)

居酒屋「天狗」の優待券は、何かと便利。ワンコインランチを提供している店舗も多いので、優待券でスマートなお会計が出来ます。投資額もあまり高くありませんよ。


●社名:大庄 ●コード:東1・9979 ●権利月:2・8月 ●優待内容(100株):優待飲食券または産直品2500円相当

「庄や」や「やるき茶屋」などの居酒屋などで使える優待券も良いですが、カタログから選べる産直品も魅力的。近くに店舗がない場合、こうしたギフトがあると無駄なく使えて便利です。

 おやつや麺系の外食優待はこちら。「銀だこ」は最近流行りの“ちょい飲み”が出来る店舗も多くなり、ハイボールとたこ焼きとを一緒に楽しめます。インスタ映えするたこ焼きは外国人観光客にも人気の様です。「丸亀製麺」の優待券額面は100円なので、使い勝手が良く、ありがたいです。


●社名:ホットランド ●コード:東1・3196 ●権利月:6・12月 ●優待内容(100株):株主優待券1500円相当

たこ焼きの「銀だこ」や「コールド・ストーンクリーマリー」などで使える優待券は、小腹が空いた時やちょっと甘い物が欲しくなった時に重宝する優待券。ポイントカードも活用するとよりお得。


●社名:トリドールホールディングス ●コード:東1・3397 ●権利月:9月 ●優待内容(100株):割引券(100円×20枚)

丸亀製麺」で使える優待券。額面が100円と細かいので、無駄なく使えるのもポイントが高いです。他の割引券やクーポン、毎月1日の「釜揚げうどんの日」でも使えるので、持っていると便利ですよ。


●社名:丸千代山岡家 ●コード:東J・3399 ●権利月:1・7月 ●優待内容(100株):ラーメン引換券(450-1,070円)2枚または北海道産米2㎏

ガツンとしたこってり系のラーメンがお好きな方にはおススメの銘柄。店舗数はあまり多くありませんが、麺の硬さやスープの濃さなど自分なりにカスタマイズできる楽しみもあります。

憧れの高級レストランも株主優待でおトクに楽しむ!

 最後のグループは少し高級系。愛宕にあるワイズテーブルの「EXE」は眺めも良く、ランチは1000円からあり、お気に入りのお店の1つです。

 ひらまつのレストランもここぞの時に使えるお店で、10%の割引でも威力は絶大。有償の株主フェアではおいしいお料理とワインのマリアージュを楽しめ、株主である優越感も浸れます。「Bills」の優待券は毎年楽しみにしている優待の1つで、友人と銀座の店舗で優雅に楽しんでいます。


●社名:ワイズテーブルコーポレーション ●コード:東2・2798 ●権利月:2・8月 ●優待内容(100株):5,000円相当の株主優待券(1,000円×5枚)

「サルバトーレクオモ」の焼き立てビザはおいしいですし、「XEX」などでちょっと高級イタリアンを楽しんでも。近くに店舗がない方は商品との交換も可能なので安心です。3年以上の長期保有で10%割引カードもいただけます。


●社名:ひらまつ ●コード:東1・2764 ●権利月:3・9月 ●優待内容(100株):自社経営レストラン・ホテル利用割引10%、フェアへの有償招待など

高級フレンチ、イタリアンを運営。お一人様の単価が高いので10%の割引でもありがたい優待です。有償の株主フェアではワインもフリーフローなので、美味しいお料理と共に、非常にお得です。


●社名:サニーサイドアップ ●コード:東J・2180 ●権利月:6月 ●優待内容(100株):自社運営レストラン指定メニュー2品無料券、ソフトドリンク2杯無料

「Bills」の店舗数は少ないですが、非常に満足感を味わえる優待。ハニコムバターがのった人気のパンケーキはインスタ映えもし食べ応え十分。優待券は一度に2品、2杯なので、お友達を誘うかご自身で2皿食べて、2杯飲んでも。

 大和インベスター・リレーションによると、今年の9月末現在で株主優待を実施する企業が過去最高の1450社になったそうです。企業から安定株主として個人株主に対する期待も感じられ、これからもますます増えそうな気もします。

 多くの優待銘柄の中から自分に合った銘柄をじっくり選びたいですね。

まる子