💀バスケ不祥事で買春認める 金銭やりとりに永吉「認識の甘さあった」

💀インドネシア、ジャカルタで行われているアジア大会で、公式ウエアを着たまま深夜の歓楽街に立ち入り、

🎃買春行為に及んだとされ、日本オリンピック委員会(JOC)から日本選手団の認定を剥奪されたバスケットボール男子日本代表の4選手と、

🎃日本バスケットボール協会の三屋裕子会長が、20日、帰国後、都内で謝罪会見を行った。

💥4人で最年長の永吉佑也(27)=京都ハンナリーズ=は「深く反省しています。本当に申し訳ありませんでした」と謝罪し、

💥 女性とホテルに行き、行為に及んだ際に金銭のやりとりがある買春であったことを認めた。

💥会見直前まで選手の事情聴取を行っていた三屋会長は冒頭「日本バスケットボールを応援してくれた皆さまに多大なご迷惑をお掛けしましたこと、

👿心からおわび申し上げます」と謝罪し、東野技術委員長とともに、約15秒間頭を下げた。

💥その上で「言い訳のできない出来事です。だからこそ選手を登壇させます」と、選手たちを叱責した。

💥処分を受けたのは橋本拓哉(23)=大阪エヴェッサ、今村佳太(22)=新潟アルビレックス、佐藤卓磨(23)=滋賀レイクスターズ、永吉のBリーガー4人。

💀公式ウエアを返上したため、帰国時の空港ではそれぞれTシャツ姿だったが、黒のスーツに着替えて登壇した。

💀最年長27歳の永吉は「この度は私たちがとった軽率な行動により、日本オリンピック委員会、日本バスケットボール協会、京都ハンナリーズを始めとする関係者の皆さま、

💀 選手団の皆さま、チームメート、スタッフの皆さまに多大なご迷惑をお掛けしたこと深く反省しています。

💀本当に申し訳ありませんでした」と、謝罪した。

💀女性との行為において、金銭のやりとりがあったかという問いに、永吉は「はい、そうです」と買春であったことを認め、

💀「自分たちの認識の甘さがあった」と、うなだれた。

💀💀1人あたり120万ルピア(9090円)を支払ったという。

💀相手が未成年や既婚者であったかについて、永吉は「(そうではないという)確認はした」というが、

💀違法となるリスクについても「認識はありました」と、話した。

🎃2年後に東京五輪を控える中、まだ開催国枠の適用が保証されていない中での愚行。

🎃12人だった代表選手は、これで8人となったが、JOCは「チーム全体の連帯責任として出場を差し止めるには合理的根拠が十分でない」と、判断。

👿8人でそのまま大会に参加する。

🎃アジア大会では4年前の仁川大会でも、大会中に競泳代表選手1人がカメラを窃盗したとされ、大会期間中に選手団から追放されている。