🎆買春行為のバスケ選手「店を出て歩いていたところを声をかけられた」/アジア大会

ジャカルタ・アジア大会のバスケットボール男子日本代表4選手が現地で買春行為に及んだとして代表認定を取り消された問題で、

事実上の追放となったBリーグの永吉佑也(27)=京都、橋本拓哉(23)=大阪、今村佳太(22)=新潟、佐藤卓磨(23)=滋賀=の4選手が20日、東京都内で会見した。

日本オリンピック委員会(JOC)によると、4選手は16日にあった1次リーグ2戦目のカタール戦後の午後10時すぎ、日本選手団の「JAPAN」のロゴが入った公式ウエアを着て選手村から外出。

日本食店で食事や飲酒をした後、日系人に紹介された別の店の女性を伴ってホテルに入り、不適切な行為に及んだ。

スーツ姿で会見した永吉は、「店を出て歩いていたところを声をかけられた。現地の言葉と少しの日本語。

何を話しているのか80%理解できなかった。お金の話をしているので、そういうことかと思った」と状況を説明した。「自分たちの認識の甘さが出てしまったと反省している」と謝罪した。