🔗「バフェットからの手紙」最新版、珠玉の投資アドバイスを読む🎆

今年も、株主へ毎年送る「株主への手紙」を公開

2018年2月24日、米国著名投資家、投資会社バークシャー・ハザウェイCEO、ウォーレン・バフェット氏が、

バークシャー・ハザウェイの株主へ毎年送る「株主への手紙」を公開した。

(参照:To the Shareholders of Berkshire Hathaway Inc)

2017年、バークシャー株は21.9%上昇し、ベンチマークのS&P500(配当込)の+21.8%を0.1%上回った。

バークシャー社の1株当たり純資産は23.0%増加した。

1965年から2017年の53年間で、S&P500(配当込)は年平均+9.9%の増加ペースであったのに対して、

バークシャー株はそれを大きく上回る年平均+20.9%で増加した。

今年の「株主への手紙」は主に、企業買収、保険事業、および株式投資から成る構成で記述されているが、

本記事では、株式投資にフォーカスを当てて、紹介していきたい。

◆バークシャーの投資先ポートフォリオ

👉 バークシャーの投資先ポートフォリオの中には、クラフトハインツがある。

2017年12月末時点の時価ベースで、バークシャーによるクラフトハインツ保有価額は253億ドルであり、

取得価額は98億ドルである。

バークシャーは、クラフトハインツの支配株主であり、持分法に計上しているため、

「株主への手紙」の投資先リストには記載されていない。

2月23日、クラフトハインツはバフェットが取締役を退任することを発表した。(参照:クラフトハインツニュースリリース)

退任理由は、取締役会出席のための出張のコミットメントを減らすためとしているので、高齢のためであると考えられる。

クラフトハインツを除くと、「株主への手紙」には、バークシャーの投資先上位15社が記載されているが、

その内、2017年12月末時点の時価ベースで、ポートフォリオの上位5社は、以下の通りとなる。

👉1位:ウェルズ・ファーゴ 293億ドル

👉2位:アップル 282億ドル

👉3位:バンクオブアメリカ 207億ドル

👉4位:コカ・コーラ 183億ドル

👉5位:アメリカン・エクスプレス 151億ドル

👉注:クラフトハインツを除く