🎈仮想通貨市場の今後を率いるのはリップル、金融機関の導入進む🐝

仮想通貨への投資を検討している人は、

ビットコインだけではなくその他のアルトコインにも目を向けているかもしれない。

仮想通貨の中には、相場が一時のような高値水準に戻れば、

ビットコイン以上の投資利益率が期待できるものがいくつもある。

HashFlare

HashFlare

そして、投資家の中には米リップルが発行する仮想通貨「XRP」について、

もっと詳しく知りたいと考えている人もいるだろう。

XRPは現在の銀行システムを革命的に変化させる潜在力を持つブロックチェーン・ソリューションだ。

リップルは、ブロックチェーン技術が支える数多くの製品を生み出すことができ、

同社の顧客には、大手銀行や知名度の高い決済サービス各社が名を連ねる。

リップルが目指すのは、日々何十億ドルもの送金を行っているこれら

各社の国境を越えた決済を、より効率的にすることだ。

リップルによれば、XRPは複数の不換紙幣の間の「ブリッジ通貨」として考えられるべきだという。

例えば米国で誰かが米ドルで購入して送金したXRPを、

受取人は自ら選択した通貨に交換して受け取ることができる。

これにより、貨幣が複数の銀行口座の間を複数の通貨で行き来するのにかかる時間とコストを、

大幅に削減することができる。

リップルの製品の導入は、業界の主要なプレーヤーの間で急速に拡大している。

XRPが今後に必要とする推進力は、価格が再び過去最高に達することだ。

リップルはすでに、スペイン最大手のサンタンデール銀行やSBIホールディングス、中国の送金サービス大手、

連連(LianLian International)と提携している。

これら各社とのパートナーシップによってリップルは、より幅広く導入され、

より多くの一般消費者にも利用されるようになっていくだろう。

中国では中間層の増加に伴い、支払いサービスの利用増加が予想されている。

ただ、リップルと連連の提携は、リップルが持つ非常に大きな可能性を示す1つの例に過ぎない。

リップルが提供する製品については、マネーグラム(MoneyGram)やマーキュリーFX(Mercure FX)、

IDTコーポレーション(IDT Corporation)など、

世界的な国際送サービス各社によるテストが行われている。

金融機関のうち、リップルのブロックチェーンベースのソリューションに関心を持っている企業は100社以上とされている。

仮想通貨の今後の展望に関しては、特にリップルについて強気な見方をする向きが多いようだ。

だが、リップルが目指す各業界による同社製品の導入が失敗した場合、

またはリップルの概念実証が失敗した場合には、

仮想通貨市場に関する多くの否定的な報道がなされることになる。その点を覚えておくことが重要だ。

とはいうものの、世界は向こう数年間のうちに、

ブロックチェーン技術によって今とは大きく異なって見えるものとなるだろう。

かつてインターネットがそうであったように、この技術は世界の状況や全体像を変えようとしている。

ビットコインとイーサリアム、そしてリップルは起業家たちに、

より破壊的な製品を作り出すことを可能にした。

仮想通貨市場が拡大し、信頼度が高まり、前向きな見方がさらに広まれば、

リップルの価格と仮想通貨市場全体の価値は、ともに上昇していくはずだ。

大手金融機関や決済機関がリップルの導入を成功と見れば、業界全体において近い将来、

破壊とさらなる前進が見られる可能性がある