🐔欧州22ヶ国が🐔ブロックチェーンパートナーシップを設立🐤

🐤EC(欧州委員会)は10日、ベルギーのブリュッセルで行われたデジタルデー2018で、

🐩22のヨーロッパ諸国が「欧州ブロックチェーンパートナーシップ」の

🐻設立宣言に署名したことを明らかにしました。

🐺このパートナーシップは、加盟国間の技術的および規制上の専門知識を共有し、

🐼欧州全体のデジタル市場におけるブロックチェーン技術の促進方法の作成、

🐷およびその技術に対する“断片化されたアプローチ”を回避することを目的としています。

🐶このパートナーシップには英国をはじめ、

🐞フランス、ドイツ、ノルウェー、スペイン、オランダなど

🐨ヨーロッパの主要国を含む22カ国が合意しており、

🐱他の欧州経済圏の国々にも参加を呼びかけているとのことです。

🐠欧州委員会委員のデジタル経済を担当するMariya Gabriel(マリヤ・ガブリエル)氏は、

🐢このパートナーシップについて以下のように述べました。

🐳「ブロックチェーンは将来、

🐭 欧州や加盟国の情報システムを再考し、ユーザーの信頼と個人データの保護を促進し、

🐩新たなビジネス機会を支援し、新たなリーダーシップの領域を確立することで、

🐮市民・公共サービス・企業に利益をもたらしていくことでしょう。」

⛅2月上旬には、ECは「欧州ブロックチェーン観測フォーラム」を立ち上げ、

🌀 その後は2018年中頃からブロックチェーンを含む新興技術を育成するため

🐠Fintech Labを主催すると発表し、

🐭すでに100億円以上が投資されております。

🐞また、2020年までにはブロックチェーン技術開発のため、

🐞約400億円を投資する予定であることも表明しました。

🐶欧州委員会がブロックチェーン技術を受け入れる態勢を整えていくとなれば、

🐚国際的な規制が始まる可能性も高くなってきます。

☁世界的に主流なテクノロジーとなっていくブロックチェーン技術と、

⛄それに伴うインフラ整備は今後もますます発展していくでしょう。

🐳参考:European Commission