📃Twitter、Facebookの元コミュニケーション担当、Coinbaseのコミュニケーション部長に就任🔖

❄アメリカのサンフランシスコを拠点とする大手仮想通貨取引所の、

☁Coinbase(コインベース)は9日、ツイッター社や

☁ フェイスブック社のコミュニケーション部門で、

☁実務経験を積んだレイチェル・ホロヴィッツ氏を同社に迎えたことを発表しました。

⛄ホロヴィッツ氏は、コインベースの投資会社であるスパークキャピタルに参加し、

⛄同社のマーケティングとコミュニケーション部門を指揮し、

⛅ポートフォリオファウンダーたちのアドバイザーも努めました。

⛅スパークキャピタルに参加する前は、ホロヴィッツ氏は、

⛅フェイスブック社で通信技術の部長を努めており、

☁さらにツイッター社でもコミュニケーションチームを拡大させ、

☁会社の発展に大きく貢献してきました。

☁ツイッター社には初期の頃からおり、同社が株式上場した際も関わっておりました。

🌀コインベースに加わることについては、以下のように述べました。

🌀「会社に加わった時、ツイッター社に惹かれた時のものを持っていました。

🌀刺激的な会社で、とても重要な時期にあると感じました。

⛅個人的にもすごく面白いことでしたが、

⛅コミュニケーションの観点からも非常に興味深いものでした。」

⛅アメリカの報道サイト「Recode」によると、

⛅最近の仮想通貨の強気市場は、

⛅コインベースの注目を引いていると言います。

☁需要の拡大に伴い、企業を効果的に拡大するために企業を、

☁リードしてくれる新しい人材を積極的に採用しているとのことです。

☁ホロヴィッツ氏に加え、その他にもディールメーカーとして知られる、

🌄 前リンクドイン幹部のエミリー・チョイ氏や、ニューヨーク証券取引所の財務責任者のエリック・スクロ氏、

🌄ツイッター社の元重役のティナ・バトネイガー氏らを雇いました。

🌄そして先週、コインベースは、新たに新会社のベンチャーファンドを開始すると発表。

🌄コインベースは「積極的かつ有意義な方法で前進させることができる、

🌃チームやアイデアを持つ有望な初期段階の企業に資金を提供する」と述べました。

🌇参考:The Coinbase Blog , Recode