💀流出した「NEM」、追跡作業を停止…国際団体 😢

仮想通貨交換業者「コインチェック」(東京)から

約580億円相当の仮想通貨「NEM(ネム)」が流出した事件で、💀

国際団体「NEM財団」が、💦

💦流出した仮想通貨の動向を追跡する作業を停止したことが20日わかった。

同財団が公式サイトで発表したが、理由は明らかにしていない。💨

1月26日の流出後、同財団は、NEMの送金先のアドレス(口座)に🏃

目印を付けて追跡。🏃

NEMを扱う他の交換業者にも換金に応じないように要請してきた。💦

しかし、専門家によると、20日夕までに流出時のレートで、👤

約430億円相当の流出NEMが海外などの交換業者に送金され、👤

その多くが他の仮想通貨に交換されたとみられるという。👤

同財団のロン・ウォン代表は公式サイトで、💬

「追跡の取り組みは効果があり、捜査当局に有益な情報を提供できた」と説明。💦

しかし、流出したNEMの取引を監視してきた専門家は「目印の付いたアドレスからのNEMの、💥

入金をすぐに制限しなかった交換業者も複数あり、😥

他の通貨に交換されてしまったとみられる。💦

💦追跡がうまくいかなかったと言えるのではないか」と分析している。