🍃仮想通貨で4億円が溶けた💥失敗投資家がハマった「レバレッジ」地獄 💀

💫1年で価格が20倍にもなった「ビットコイン」を始め、

💫昨年は仮想通貨が相次いで値上がりを見せた。

💫億単位の儲けを出した「億り人」の存在は注目を集めたが、むろんそれは極端な成功例。

🔥「鉄火場」が甘い話ばかりで終わるはずもない。

📎含み益で稼ぎながらも、売り時を逃して「億り人」のチャンスをパーにしてしまった失敗談もある。

💦「4億円がゼロになってしまいましたよ」

と最早笑いながら話すのは、さる30代の愛知県在住・独身男性。

💦この男性は昨年1月に仮想通貨にチャレンジ。さまざまな通貨を扱い、

💥 12月の時点では、ビットコインバブルの波に乗って、200BTC、

つまり4億円相当の含み益を得ていたという。ところが――。💬

💬「今思えば、ここで現金に戻せば良かった。だけど4億円を戻すと、税金で2億円ちょっとはとられてしまう。

🐾そのうちに年が明けました。するとどんどん値が下がってしまったんです」

🐾まずい、と思って、男性は1月上旬、慌てて4分の1のビットコインを売却。数千万円を手にしたが、

🐾4億円と比べれば目減り感は否めない。で、これを取り返そうと、男性は残ったビットコインを使い、勝負に出た。

📎レバレッジ取引である。

👉証拠金を取引所に預け、その数倍の金額で取引が可能になる手法だ。

👉例えば、手元に1BTCしかなくても、それを預け、レバレッジを10倍で設定すれば、10BTC分の売り買いが出来る。

しかし、逆にビットコインの価値が一定以上落ちれば、証拠金は没収、退場となる。彼の場合は、💦

「レバレッジをかけた直後、ビットコインが大暴落。証拠金をすべて没収され、😵

12月には200枚持っていたビットコインはほとんどゼロになってしまいました。🍃

手に入れた数千万円だって、これまでの取引の税金を抜かれれば、ほぼゼロになりますから……」💦

この間、わずか1カ月。天国から地獄へ転げ落ちたというワケだ。💀

こうしたケースは何も特殊な例ではなく、

「私の場合、10BTCを証拠金として預けていました。が、やはり1月の暴落で、一気に没収された。💦

💦 トータルで1600万円分が一瞬でパーになりました」(都内在住・20代男性)

ビットコインはじめ仮想通貨は価格の上下が激しい。

そのため、株や為替に比べてレバレッジ取引のリスクも格段に増す。

うまい話の裏には、大きな陥穽(かんせい)も広がっている。

「週刊新潮」2018年3月8日号 掲載