🏃💬「日本株のアクティブ型投資信託」でプロが注目する商品を紹介❕ひふみ投信、さわかみファンドなど人気のアクティブファンド15本の上昇率もチェック🔥

🌠 日本株全般に投資する「アクティブ型投資信託」で、注目すべき商品とは? 

🌠重版決定で好評発売中のダイヤモンド・ザイ3月号の特集

🌠「日本株型の最強『投信』番付」では、

🌠過去5年間の成績で上位になった日本株に投資するアクティブ型の投資信託を「番付」形式で発表している。

🚩 一口に日本株型のアクティブ型投資信託といっても「中小型株型」と「全般型(大型株から中小型株まで全般的に投資するタイプ)」があるが、

🚩今回は全般型の番付の一部を抜粋。

💬 なかでも注目の投資信託と、プロの解説を取り上げてみたい。

💪横綱は「グローイング・カバーズ(新成長株ファンド)」に!

💤ダイヤモンド・ザイ3月号では、大型株から中小型株まで組み入れる「日本株全般型」のアクティブ型投資信託で、

🏃プロが選んだ注目商品を6本紹介。

🏃 その注目度により、横綱から関脇まで番付を付けている。

➰ 横綱は2本あるが、ここではそのうちの1本に認定された☝「グローイング・カバーズ(新成長株ファンド)」の解説を抜粋しよう。

☝「グローイング・カバーズ(新成長株ファンド)」は5年間で392%成長という好成績を達成した。

☝「グローイング・カバーズ(新成長株ファンド)」という名称にある「新成長株」とは、

☝経営上の課題や困難を乗り越えて、本来の成長力を取り戻しつつある株のこと。

💦直近では、スマホ予約システムの導入で人員増などのコスト増を吸収して増益を続ける、

➰出前仲介サイトの「夢の街創造委員会(2484)」や、

➰商品の補充をアウトソーシング化して効率化を進める⏩

⏩東北地盤のドラッグストア「薬王堂(3385)」などの銘柄が「新成長株」に該当する。

➰中小型株の発掘に定評のあるエンジェルジャパンが投資助言を行なっており、

経営上の課題や困難を克服して、本来の実力に見合った成長が期待できる株を発掘している。💬

運用報告書には「生産性向上に対してこれまで以上に意欲的な経営者が増えてきた」などと、💬

📃 助言者による企業取材のレポートも記載されており、投資のヒントになる。

🔧実際、現在の組入れ上位の銘柄にも中小型株が多い。

📢「グローイング・カバーズ(新成長株ファンド)」について、投資信託に詳しい

📢 ファイナンシャルリサーチの深野康彦さんは「企業改革が進展し、再成長が期待できる土壌が醸成され始めていることから、

📢 今後も好成績が期待できると思われる」。

👉 楽天証券経済研究所の篠田尚子さんは「創業者の退任などで株価が下落したものの、その下落が一時的で、

👉 成長性は不変と見た銘柄にも投資して、好成績を上げている」と分析している。

👉人気のアクティブ型投資信託の成績はどうなっている?

👉ここからは、日本株全般に投資するアクティブ型投資信託で、特に人気の高かった15本をピックアップし、

👉その成績が実際どうだったのかを紹介しよう。

📖過去5年間の上昇率を見ると、人気の投資信託の状況は以下のようになっている。

🔥日本株全般に投資する人気アクティブ型投資信託の上昇率は? 

人気順位

ファンド名(運用会社)

上昇率(5年間)

投資信託情報

詳細へ

👇👇

🔥 1位

ひふみ投信・ひふみプラス(レオス)

253%

👇👇

🔥2位

フィデリティ・日本成長株・ファンド(フィデリティ)

143%

👇👇

🔥3位

さわかみファンド(さわかみ)

137%

👇👇

🔥4位

JPMザ・ジャパン(JPモルガン)

157%

👇👇

🔥5位

ニッセイ日本株ファンド(ニッセイ)

120%

👇👇

🔥6位

厳選投資スパークス・新・国際優良日本株ファンド

242%

👇👇 

🔥7位

トヨタグループ株式ファンド(三井住友アセット)

120%

👇👇

🔥 8位

Big Project-Nノムラ日本株戦略ファンド

128%

  👇👇

🔥9位

フィデリティ・ジャパン・オープン(フィデリティ)

144%

  👇👇

🔥10位

フィデリティ・日本配当成長株ファンド(分配重視型)(フィデリティ)

108%

  👇👇

🔥 11位

ジパング日興ジャパンオープン

166%

👇👇

🔥12位

ダイワ日本好配当株ファンド(大和)

158%

  👇👇

🔥13位

三井住友・げんきシニアライフ・オープン(三井住友アセット)

318%

  👇👇

🔥14位

武蔵アクティブ・ニッポン

148%

  👇👇

🔥15位

ノムラ・ジャパン・オープン(野村)

138%

 

➰日本株全般に投資する投資信託のベンチマークとしてよく用いられるTOPIX(配当込み)の5年間の上昇率は、134%。

これを上回っているのは、💬

👉「ひふみ投信・ひふみプラス」

👉「厳選投資」

👉「三井住友・げんきシニアライフ」

🏃 など11本だが、先の3本を除くと「TOPIXよりやや上」という程度に留まった。

逆にTOPIXを下回ったのは4本になった。💬

このように、アクティブ型投資信託の成績は千差万別なので、購入前にじっくり検討してから選んでみてほしい。💬

ダイヤモンド・ザイより💬