📢580億円流出コインチェック「27歳社長」の現預金460億円💥取引所はどれだけ儲かるのか 💥

📂 不正アクセスによって約580億円分の仮想通貨が盗まれたのに、

🔊なぜかコインチェック(渋谷区)は安泰だという。

🔩実は、弱冠27歳の社長に率いられ、返金額に相当する460億円以上の現金を貯め込んでいたのである。

👤 一体、仮想通貨を扱うとどれほど儲かるのか。

📢仮想通貨が登場した当初は、FX(外国為替証拠金取引)などを行っていた、

📢プロの個人投資家が参入するケースが目立った。

🚶ところが、いまでは一攫千金を夢見る素人が足を突っ込んでいるのである。

🔩昨年9月に、30万円分のビットコインを購入したという24歳の男性に聞くと、

➰「そのころ、1BTC(ビットコインの数量単位)が50万円くらいで、

➰ 僕は0・6BTCを買いました。

➰直後、中国政府が新規仮想通貨の公開を禁じたチャイナショックで、

➰1BTCが35万円まで下落した。

➰正直焦りましたが、そのまま持ち続けたら、1BTCが200万円超に。

➰僕の持っていた分は120万円になった。そこで、日本円に換え、4カ月で90万円を儲けることができました」

➰ さらに、昨年の暮れにコインチェックで20万円分のネムを買った27歳の男性は、

➰「1XEM(ネムの数量単位)が200円という高値のときに1000枚取得しました。

➰ところが、不正流出の騒動で88円に下落した。

➰いまでは100円台に回復しているものの、コインチェックから返金されるのは底値の88円で計算された額。

😢 要は、20万円が8万8000円になってしまいました」

📢とはいえ、仮想通貨で損をするのは、現状では稀ではないのか。

➰これまでの値上がり率を見れば、取引期間が長ければ長いほどぼろ儲けをしているはずなのだ。

📢 100億円の営業利益

📢当然、仮想通貨取引所も濡れ手で粟の状態である。

🔥業界最大手の「ビットフライヤー」は、会員登録数が100万人を突破し、月間取引額は10兆円に達するという。

🔥その後を追うコインチェックも会員登録数は100万人超で、月間取引額は4兆円以上である。🔥

🔥「昨年の初めまで、コインチェックの月間取引額は数千億円に過ぎませんでした。

🔥ところが、秋以降に急激に増えていったのです」

🔥と、経済誌の記者が解説する。

🔥 「大手の取引所では、ユーザー間の売り買いの仲介では、手数料ゼロが主流になっています。

🔥ならば、どこで収益を上げるかというと、ユーザーが取引所から仮想通貨を直接購入したり、

🔥 あるいは売却したりする“販売所”です。

🔊 そこでの取引には、売買手数料がかかる。しかも、その額は変動制で、

🔊下は3%から上は10%ほど。

🔥コインチェックの4兆円以上の月間取引のうち、多くは“販売所”でのものですから、🔥

🔥入ってくる売買手数料も莫大になります」

🔥実は、コインチェックの売上から人件費やサーバー代などを引いた営業利益が、

🔥昨年12月の1カ月で約100億円になったという。

😓💦「そこから約3割の税金を引かれても、70億円くらいの利益にはなったはずです。

➰コインチェックは不正流出したネムを保有する約26万人に対し、

➰ 463億円の日本円で返金すると明らかにしました。

📢 その原資となるのは現預金との説明でしたが、これまでの稼ぎからすれば、

➰ すでに463億円という返金額以上の現預金を持っていてもおかしくはないのです」(同)