これからは、レオスだよ🎵

🌈 レオス・キャピタルワークスの会社全体の運用資産総額は、5月8日(2017年)に3000億円に達した。

東洋経済からコラムです💨

🌈 この時点で、さわかみ投信の運用資産総額を抜き、当社が直販系投資信託会社のなかでトップになり、さらにその後も順調に残高を積み上げて、約3700億円(7月上旬時点(2017年))にまで増えた。

🎡 この間、運用益が増えたこともあるが、何よりも毎月、積み立てを中心に当社のファンドを購入してくれる受益者がいて、そこからの安定的な資金流入があるからこそ、ここまで大きくなれたのだと思う。🎡

だが、当社が運用している👍「ひふみ投信」、👍「ひふみプラス」の純資産総額が増えるにつれて、次のような👉批判というか、👉意見が出るようになってきた。

f:id:paruparuparukarukarukaru:20180124000402j:plain

🌊🌊🏃「ひふみ投信のような中小型株運用のファンドは、純資産総額が増えると身動きが取りにくくなる。

😓 「これから運用は厳しくなるだろう」

☁🐳☁市場規模の小さなマーケットで、大きな運用資産を持ったファンドの運用を行うと、「池の中のクジラ」のように、身動きが取りにくくなる。

💪こうした意見はかねてから言われていることだが、安心してもらいたい。

🏃ひふみ投信は、現在の純資産総額で運用が厳しくなったりはしない。

👍☁そのリスクは想定済みであり、純資産総額がさらに大きくなったとしても、運用に支障を来さないような戦略を考えている。

👍💨この戦略をきちんと行えば、仮に純資産総額が数兆円になっても、運用し続けることができる。

☝日本の株式市場を時価総額規模に4つのカテゴリーで分けると、

👉1)「東証1部市場で時価総額上位30銘柄による『CORE(コア)30』」を頂点にして、

👉 2)「CORE30銘柄を除く時価総額3000億円以上」が325社、

👉 3)「時価総額300億円以上3000億円未満」が1032社、

👉 4)「300億円未満」が2168社となっている(2017年3月末時点)。

時価総額3000億円未満の3200社を中心に投資

☝そして、この4つのカテゴリー別に過去3年間の株価パフォーマンス(上昇率)を見ると、

👉1)CORE30……24%

👉2)時価総額3000億円以上……48%

👉 3)時価総額300億円以上3000億円未満……61%

👉 4)時価総額300億円未満……41%

 

となっている。

☝数字を比べれば一目瞭然だが、3)の「時価総額300億円以上3000億円未満」のパフォーマンスが、ほかのカテゴリーに比べて高い。

🌈また、カテゴリー別の合計時価総額を比較すると、

👉1)のCORE30が158兆円、

👉 2)の時価総額3000億円以上が290兆円だが、

👉 3)の時価総額300億円以上3000億円未満のカテゴリーも96兆円ある。

👉4)時価総額300億円未満が22兆円なので、

👉3)と4)を合わせた「時価総額3000億円未満の合計時価総額」は118兆円にもなり、それなりに市場規模が大きいことが、おわかりいただけるだろう。

👍💨弊社が主な投資対象としている企業は、まさにこの「時価総額3000億円未満の3200社」だ。

🗽当社の運用資産総額が3700億円になっても、投資対象としている市場の時価総額は118兆円もあるのだから、

😚「運用難になる」のは考えにくい。

🐤前述したように、ひふみ投信の純資産総額が数兆円規模になったとしても、十分に吸収できるだけの市場規模はある。

☝また、注目したいのは、4つのカテゴリー別の成長力だ。

🌊🏃🌊最重要戦略は、成長する小型株に投資すること🌊

ひふみ投信は👉「4つの投資戦略」を持っており、

☝ まずその中核の戦略が、年率2ケタの成長率を持つ成長企業に投資する🌊🌊「成長株投資戦略」だ。🌊🌊

🌊年率15%で成長している社数を、時価総額のカテゴリー別に見ると、

🏃💦先ほどの4)の「時価総額300億円未満」のカテゴリーの中の3分の1程度の651社もある。

💦また、このカテゴリーの22兆円という合計時価総額は、決して小さくないし、ほかの機関投資家がほとんどカバーしていない。

💦 もちろん玉石混淆なので、目利きが重要になるが、それだけ投資機会がたくさんあるのも事実だ。

☁2番目の投資戦略は、🌱「上場ベンチャー株投資戦略」で、

🎡IPO(新規株式公開)してから時価総額が100億円に達する前の段階の成長企業に投資するというものだ。

💎この段階での企業に投資して支援する投資家は少ないが、それだけ投資妙味は大きい。

☝3番目の投資戦略は💎「自由投資戦略」。

👇これは守りながら増やすための柔軟な運用のことで、「割安株」投資👈「景気敏感株」投資👈、「テーマ株」投資👈、「堕天使株」投資👈(一度業績が落ちてダメだと思われている銘柄の再生に投資する)など、

💦多彩な投資戦略を、その時々の投資環境に応じて駆使していく。

そして4番目の投資戦略は💎「外国株投資戦略」。大型株💎に投資するに際して、

💪日本の超大企業は成長力という点で魅力に欠けるため、その分を米国や中国、インドなどの外国の大型株に投資して補っていく。

🌱今月中にも運用レポートで開示するが、現時点で米国企業にも投資を始めた。

これら4つの投資戦略への資金の割り振りは、👉成長株投資戦略が60%、👉上場ベンチャー株投資戦略が20%、👉自由投資戦略が10%、👉外国株投資戦略が10%という比率だ。

💎 レオス・キャピタルワークスは、ひふみ投信、ひふみプラスの運用を通じて、

🗽🗽🗽 ;米フィデリティのマゼランファンド(1962年スタート、1977年から1990年まで運用にあたったピーター・リンチなどの活躍によって、資産規模は最大で約1100億ドルに達した)

🗽 のような存在を目指している。

💦米国の投資信託市場も、現在の成長の背景にはさまざまな紆余曲折があった。

💦💦 それが、マゼランファンドの成長によって、大きくイメージが改善されたという歴史を持つ。

💦われわれも、受益者から「ひふみ投信で運用したから、

💪子供を大学に上げることができた」💪「家を買うことができた」などと言われる存在になれるよう、さらなる成長を目指したいと考えている。