💰💰クレジットカード💳活用術🌠💰💰

💰 還元率1%でもポイントが積もれば年間数万円分に💨

✏例えば、還元率1%のクレジットカードで考えてみよう。4人家族で飲食料費として毎月6万円支出している場合、支払いに現金ではなくクレジットカードを利用するだけで600ポイントの還元を受け取れる。1年間で考えると7200ポイントも受け取れる計算になる。

🚩また、4人家族で光熱費として毎月4万円支払っている場合、支払いを口座引き落としではなくクレジットカードを利用するだけで400ポイントの還元を受け取れる。1年間で考えると4800ポイント受け取れる計算だ。上記の例の場合、飲食料品と公共料金の支払いをクレジットカードに変更するだけで、1年間に1万2000ポイント、10年間では12万ポイントも貯めることができるようになるのだ。

🔥クレジットカードを賢く使えば現金を利用するよりもお得であることが理解しやすいだろう。さらに、クレジットカードを利用すれば、現金を引き出すために銀行に行く時間や手間を削減でき、生活にゆとり時間を作り出すことができるようになる。人生100年で考えた時には、ポイントと同じように小さな積み重ねが大きな時間となるだろう。その分を家族との楽しみや自己研鑽などに時間を有効活用したほうが良い。

🔥もちろん、クレジットカードの利用においては、利用上限金額まで手軽に購入できるようになるため、人によっては使い過ぎるという心配もあるかもしれない。使い過ぎを心配する場合には、まずは飲食料品や、携帯電話や電気といった公共料金など、毎月費用として発生している必要経費だけにクレジットカードの利用を限定して、生活の決済手段として取り入れるところから始めればよい。使い道を限定することで、クレジットカードの使い方に慣れるだろうし、使い過ぎを防げるだろう。

💰たまったポイントの利用は決めておく

🔩クレジットカードの種類によるが、たまったポイントは、👉Tポイントや👉nanacoといった電子マネーや、👉航空会社のマイレージ、クレジットカード会社が用意した👉クオカードや👉iTunesカード、その他の商品などに交換できるほか、現金としてキャッシュバックを受けることも可能だ。ただし、貯めたポイントには有効期限がある場合が一般的だ。ポイントの還元先については、どのように利用したいのかをあらかじめ考えて交換先を決めておけば、ポイントを有効期限内に有効に活用できるだろう。

💲たとえば、家族旅行に行きたい場合には、貯めたポイントを航空会社のマイレージへ交換するのがお得なクレジットカードを選べばよいだろう。しかし、旅行に行く機会があまりとれない場合には、ポイントを有効期限内に使えずに捨ててしまうことになりかねない。せっかく貯めたポイントを無駄にしてしまう事態だけは避けたいので、電子マネーや金券などにポイントを変えられれば外食や買い物に使えるので便利に使えるだろう。