仮想通貨について良い記事があったので、アップします

~まとめ~

1. ビットコイン先物CBOEに上場された

2. 機関投資家が初めてビットコインに投資できるようになった

3. しかしビットコインETFのほうが、材料としては重要

4. ウインクルボス兄弟が最も有利なポジションにいる

5. 今後ビットコイン価格を動かす大材料はETF上場になる

 

ビットコイン先物が上場

12月10日、CBOE(シカゴの先物取引所)にビットコイン先物が上場されました。これは仮想通貨の歴史にひとつの区切りをつける、大事なイベントでした。そこで今日は仮想通貨の現況について書きます。

 

なぜCBOE上場は重要だった?

まずなぜ先日のCBOEにおけるビットコイン先物上場が重要だったかの理由を説明します。

CBOEはCFTC(米国商品先物取引委員会)により公認されているデリバティブ取引所です。CFTCは米大統領直轄の政府機関であり、それがビットコイン上場を許可したのは、米国の連邦政府が初めてビットコインの存在を公に認めたことを意味するのです。

 

機関投資家のジレンマ

機関投資家はこれまでビットコインのブームを、指をくわえて傍観してきました。その理由は、機関投資家は顧客の資産を運用するにあたってフィデューシャリー・デューティー(顧客本位の運用をする義務)を負っているからです。そして実際にフィデューシャリー・デューティーに則った運用をしているかどうか? の判断基準として、「ちゃんとした取引所に上場されている資産に投資している」ということが足切りになります。

いま世界に存在するビットコイン取引所は、いずれも私設取引所に過ぎず、政府公認ではありません。だから機関投資家は、今回CBOEビットコイン先物が上場されたことで初めてコンプライアンス・リスクを恐れずにビットコインに参戦できるようになったというわけです。

 

次の大きなイベント

さて、CBOEへのビットコイン先物上場は、このようにビッグ・イベントには違いないのですが、それでも大部分の機関投資家はまだビットコイン投資には食指を動かさないと思います。その理由は、先物取引には限月(げんげつ)というものがあり、一定の期間が過ぎるとそのコントラクトは取引を終了します。つまり「期限付き」の投資対象なのです。

年金や投信などの機関投資家ポートフォリオは、期限付きではない長期保有できる資産を中心に構成されています。だからビットコイン先物は、それらのファンドには不向きなのです。

しかしビットコインETFが登場すれば、こちらはほとんどのポートフォリオに組み込み可能です。言い換えれば、今回のビットコイン先物上場は、次の大きなステップに向けた、「踏み台」に過ぎないのです。

 

ビットコインETFがやってくる

さて、ビットコインETFは、これまでにもいくつかの業者がSEC(米国証券取引委員会)に上場申請してきましたが、ことごとく却下されてきました。

その理由は「ちゃんとした取引所が存在せず、基準価格が決められないから」というものでした。

ここでSECが言う「ちゃんとした取引所」とは、米国の連邦政府公認の取引所です。もちろん、CBOEはこれに合格します。

すると同じ連邦政府機関であるCFTCがOKを出したビットコイン先物に対し、SECが「CBOEでの取引価格は、ちゃんとしてないから承認できない!」と言うと、連邦機関同士で言い争いになることが予想されます。既成事実としてCBOEでのビットコイン先物取引が円滑に執り行われていることができ上がってしまえば、SECは却下する理由を失ってしまうのです。

ちなみにSECが連邦機関として帯びている責務は、1)投資家保護と、2)証券取引の振興です。すると投資家保護の観点からビットコインETFを却下し続けることはできるけれど、そうすることによって、もうひとつのSECの責務である証券取引の振興は責務を果たしていないことになります。

いずれビットコインETFが承認されると思うのは、そのような理由によります。

 

ウインクルボス・ビットコインETF

そこで再び脚光を浴びると思われるのが、ウインクルボス・ビットコインETFです。ウインクルボス兄弟は、いちはやくビットコインの可能性に注目し、ETFの組成の申請を出したことで有名ですが、そのときは、あっさりと却下されてしまいました。

その理由は彼らが運営しているジェミナイと呼ばれる取引所が、まだヨチヨチ歩きで、信頼に足る機関であるとは認められなかったからです。

ところが、今回、ビットコイン先物の取引を開始したCBOEは、このジェミナイにおけるオークション価格をレファレンス(参照)価格としています。

つまり、CBOEビットコイン先物の取引が開始されたということは、ジェミナイに「お墨付き」が出たのと同じなのです。

もうひとつ重要な点として、いま各社から提案されているビットコインETFは、その取引開始にあたって「タネ玉」となるビットコインの現物の拠出ができるほどビットコインの確保が進んでいません。唯一、ウインクルボス兄弟だけがすでに10億ドルを超えるビットコインを仕込み済みであり、直ちに流動性のあるETF取引を開始できるポジションにつけているのです。

ここ数カ月のビットコインのトレードは、先物上場という大材料を中心に動いてきました。しかし、これからはビットコインETFの上場が大材料になります。早く頭を切り替えて、今後のETF業界の対応に注目してください。