2018-04-09から1日間の記事一覧

📢下落続く仮想通貨🔨リップル創業者は2ヶ月で5000億円喪失 📎

フォーブスは2月7日、史上初の「仮想通貨長者ランキング」を発表した。 しかし、その後の相場変動により多くの人が膨大な資産を失っている。 リップルの共同創業者でエグゼクティブ・チェアマンのクリス・ラーセンは2月のランキングでトップに立ったが、 当…

📟1件で最大10億円まで補償の仮想通貨ウォレットアプリ 🔊

政府や国防機関でも活用されるセキュリティ技術で暗号通貨を安全に保管する。 インターボルトは4月4日、 仮想通貨ウォレットアプリ「InterVault(インターボルト)」のベータ版を発表した。 製品のさまざまな事故に対し、最大1件10億円まで補償する損害保険…

📎仮想通貨の大きな課題📐「ICO規制」がなぜ必要なのか 📍

企業などが、 IPO(イニシャル・パブリック・オファリング=新規株式公開)の代わりに、 独自の仮想通貨を発行して資金を調達するICO(イニシャル・コイン・オファリング)が 国内外で急増している。 それを受けて、世界各国の金融当局はICOの規制強化に動…

🐩仮想通貨の「ゲームはまだ続行中」🐻専門家の一部に高い期待感 🐮

一部の専門家たちによれば、ビットコインやイーサリアム、 リップル、ライトコインなどの仮想通貨への投資で大金を稼ぎ、 そして本当の意味で自由になることは、まだ十分に可能だ。 仮想通貨はごく短い期間のうちに、多くの人に巨額の富をもたらした。 価格…

🌵オーストラリア、ビットコインでのAML/CTF規制適用へ 🌊

オーストラリアの財務情報機関であるAustrac(オーストラリア取引報告分析センター)は3日、 ビットコインに関する新たな義務について公表しました。 オーストラリアの仮想通貨交換業者は、 アンチマネーロンダリング(AML)とテロ資金供与対策(CTF)のた…

🚥「ビットコインは世界共通の単一の通貨になる」とTwitter CEO大胆予測🚥

❄みんなビットコインで儲けたい。 ☁TwitterのCEOとして知られるジャック・ドーシーですが、 ⛅実は仮想通貨にも対応するモバイル支払いサービス「Square」のCEOでもあります。 ⛄そんなドーシーは、10年以内にビットコインが世界の法定通貨の供給を上回ってし…

💥気付けば失明寸前…健康診断でも見落とされる緑内障💤

中途失明の原因の1位である緑内障の患者数は40歳以上で20人に1人とされているが、 自覚症状がなく、病気の進行に気が付くことができないため、 分かった時は失明寸前というケースもある。 春先に健康診断を実施する企業も多いが、そこで行われる視力…