〰元山口組の金庫番「猫組長」が教える「堅気でもOK」投資術🎆

🎃 数年前まで、経済ヤクザとして山口組の資金繰りを担った男。

彼はその世界で最先端を行くエリートだった。世界を股にかけ、巨額の資金を稼ぎ出した。

現在は足を洗い、作家であり、投資の道を極める「極道投資家」である。

酸いも甘いも噛み分けた猫組長が、投資家・菅原潮(54)として、その奥義を伝授!

“猫組長”こと菅原氏は、暴力団員時代は最先端の“経済ヤクザ”として、数百億円ものカネを動かしてきたという。

そんな菅原氏に、サラリーマンでも勝てる“投資の極意”を指南してもらおう。

投資を始めるにあたって、まず最初に肝に銘じておくべき、もっとも初歩的な心得があると菅原氏は語る。

「投資と博打は似て非なるもの。ギャンブル好きは手を出してはいけない。確実に負けます」

博打が好きな人は、常に目先のカネを追いかけてしまうもの。

勝てば、次はもっと儲かると考え、負ければ次こそ取り返してやると熱くなる。

投資にもっとも向かないタイプなのだという。では、どんなタイプが投資向きなのか。

「私もそうですが、テレビゲームやネットゲームが得意な人は、投資もうまくやる人が多いですね。

血眼になって現金を勝ち取ろうと思ったら、誰だっておかしくなります。ゲーム感覚で、淡々と目の前の難敵を倒していく。

そこに快感を覚えるのが、いまどきの正しき投資家マインド。ゲーム感覚でいいんです」

株、為替、先物、仮想通貨……。初心者は何から始めるべきか。

「やはり株式投資が基本にして王道ですよね。それ以外のものは、初心者には投機的要素が強すぎ、リスクも大きい。株、なかでも外国株がもっともおすすめです」

日本株はダメなのか?

「初心者にとっては、たしかに国内の株式市場のほうが安心感があるのでしょう。日本語も通じますし。

しかし、冷静に将来を見通せば、国内市場が頭打ちなのは誰でもわかるはずです。

要は、もうあまり伸びしろがないということ。最大の要因は少子高齢化です。

人口がその国の経済成長に与えるインパクトは圧倒的なものがあります。つまり、今後も人口が伸びていく新興国にこそ、チャンスが転がっているということです」

新興国の株を狙え、と菅原氏は言うが、日本にいても買えるものなのか。どのように始めればいいのだろう。

「そうした、なんでも日本中心に考えてしまう思考がダメなんですよ。あと、マニュアルを欲する精神。これも日本人のダメなところ。もちろん日本でも海外の株を買うことはできますが、私はすすめない。

日本の金融はガラパゴス。世界的に見ても異質な世界です。さまざまな規制があり、自由度が低い。たとえば米国の場合、ストップ高もストップ安もなければ、基本的にどの株も1株から買えます。

日本に留まっていては明らかに損。海外に出れば、もっと有利に売買できるのです」

その第一歩として菅原氏が強くすすめるのが「海外旅行のついでに、現地の銀行や証券会社に立ち寄り、とにかく口座を作ってしまう」というもの。そのココロは?

「外国株、ETFを買える日本の証券会社もありますが、手数料も高いし、円建てが基本。しかし、海外に口座を持てば、ドルで預金しておけばドルで、ユーロならユーロで株が買えるわけです。

つまり売買時の為替リスク対策になる。無事、口座を開設できたら、あとは海外の金融機関も日本も同じ。売買したい株があればクリックするだけ。誰でも簡単にできますよ」

具体的にどこの国が狙い目なのか。

「第一にマレーシアを挙げます。人口は3200万人程度ですが、右肩上がりで伸びている。GDPも同様です。さらに特筆すべきは、いまや世界の人口の4分の1を占めるイスラム圏だということ。

今後の経済成長を見越して、いまマレーシアには世界中からイスラムマネーが流れ込み、株式市場も最高値を更新したりと、とにかく熱い。

ただ、何をするにもイスラム独自の基準 “ハラル” が立ち塞がるのですが、これをクリアするノウハウを学んでいけば、隣には2億6000万人の巨大市場、同じイスラム圏のインドネシアがあり、投資にしろ、商売にしろ、どんどん可能性が膨らんでいく。

私自身の投資ビジネスにおいても、この数年の主戦場となるのは確実にここ。イスラムのルールを学び、ぜひ、飛び込んでみてほしい」

マレーシア、インドネシアイスラム圏と、若い労働力が豊富でポテンシャルの高いフィリピン。この3カ国が菅原氏が推す新興国市場のベスト3だ。

すがわらうしお 神戸生まれ。元山口組二次団体組長。若くして暴力団員に身を投じ、インサイダー取引原油取引で莫大なカネを動かす。著書に『アンダー・プロトコル』(徳間書店)など。『猫組長と西原理恵子のネコノミクス宣言』(扶桑社)では、魑魅魍魎うごめく国際金融の闇と金融投資の実体験を描いて評判を呼んだ。

週刊FLASH 2018年8月14日号)

猛烈な株価高騰❕多木化学⚡マツタケが庶民の食卓へ👏

バカマツタケ(学名:Tricholoma bakamatsutake)の完全人工栽培に成功

当社は、添付別紙のとおり、バカマツタケ(学名:Tricholoma bakamatsutake)の

完全人工栽培に成功しましたので、お知らせいたします。

このニュースを受けて多木化学の株価が急騰❕

高嶺の花である食材、マツタケと食感、香りなどを完全人工栽培にて、ほぼ再現出来ることから期待値は倍増!

今後は、しめじやえのきのようにスーパーマーケットで安価で手に入ること間違いないなし🎵

土瓶蒸しや炊き込みご飯や天ぷらなど、レパートリーは拡がるでしょう❕

次はトリュフに期待にしてます❕

多木化学に栄光あれ❕❕

🌱投資で成功したければ「会社四季報」のここを読みなさい<ずば抜けた結果の投資のプロだけが気づいていること>🎃

6年連続で「R&Iファンド大賞」受賞、直近の運用成績はなんと「年44.3%」を誇るカリスマファンドマネジャー、苦瓜達郎氏。

そんな氏が満を持して発表した著書が、『ずば抜けた結果の投資のプロだけが気づいていること』だ。

多くの人が見逃している優良中堅企業=「すごい会社」を見つけるにはどうしたらよいのか?

そして、投資で成功するにはどんなことを心がければよいのか?  

本書の中から抜粋してご紹介します。

経営者との面談ではここを見る

経営者と面談する際に見ているポイントは、世間一般にいわれていることと大差ありません。

たとえば経営者としての視野の広さ、実直さや、周囲から愛される人であるかといったことで、特別なチェックポイントがあるわけではありません。

 

ただ一つ言えるのは、企業のステージによって、経営者に求めるものの水準が変わるということです

たとえば伸び始めのベンチャー企業の場合、あるいは成熟した会社の場合、私は経営者のあら探しをすることはありません。

 

できたてのベンチャー企業は、多くは規模が小さくニッチなビジネスを手がけています。

そういった領域でスピーディーに成長している場合、仮に社長が未熟で「一度くらいは痛い目を見そうだ」とか「今後の修業が必要そうだ」と感じても、マイナスの評価にはなりません。

草創期にある企業なら、その程度のことには目をつぶる必要があります。

「そのビジネスを生み出した」というだけで評価できますから、経営者が未熟だからといってネガティブに捉えることはありません。

逆に、成熟した企業の場合は、「根っこが腐っていなければいい」と考えています。

「ちょっと頭が固いな」「考えが古くておもしろみがないな」「ちょっと頼りないな」などと思うことはありますが、

安定成長期にある成熟企業のトップであればそれでも大丈夫と考え、大きなマイナス評価にはしません。

一方、見る目が厳しくなるのは、ベンチャー企業でも競争の激しい領域で生き残りをかけた戦いが続いているケースなどです。

こうした企業は経営者の手腕が先行きを大きく左右すると考えられるため、どうしても要求レベルは高くなります。

「おいしい」企業、2つのタイプ

一つ補足すると、私が実際に投資するのは「伸び始めのニッチなベンチャー企業」や「成熟した安定成長企業」のほうが多い傾向にあります。

これは、激戦区を才覚でもって生き残っている経営者というのは、一般に高く評価されがちで、株価が割高になることが多いというのが理由の一つです。

また、企業が個人の才覚に頼っていること自体がリスクになるという考えもあります。

どんなに経営手腕が優れていても、個人の才覚というものがずっと高いレベルで発揮し続けられるのか、疑問を感じてしまうからです。

「投資をして収益を上げやすい対象かどうか」という観点に立てば、「経営者が未熟でも、

ニッチで競争が少ない領域でビジネスが立ち上がっていて、少なくとも当面の成長が期待できる」会社と、

「競争が激しく誰が勝つか読みきれない領域でビジネスをしていて、そのなかでは少しだけ経営者の能力が上かもしれない」会社とでは、前者のほうが成功確率が高そうだと思います。

また、すでに枯れた業界であれば、そのなかでよいポジションを作り上げていて競合がなかなか追いつけない状況にある企業に対し、

安定的な成長を期待して投資するというのは戦略として有効だと考えています。

いってしまえば、「伸び始めのニッチなベンチャー企業」と「成熟した安定成長企業」というのは、株価が割安であれば、目のつけどころとして「おいしい」のではないかと思うのです。

💥『会社四季報』はここに注目

私の情報収集法は面談とプロ向けのアナリストレポートが中心なので、「自分で株式投資をしたい」という人にはあまり参考にならないかもしれません。

では、個人投資家は何を見るべきかといえば、私のお勧めは東洋経済新報社の『会社四季報』です。

会社四季報』は、上場企業の財務情報や業績予想など重要な情報を1冊にまとめたもので、年4回発行されています。

1社ずつ、業界担当記者が取材・分析した「業績予想・材料記事」は非常に詳しく書かれており、ときには後から読み返してびっくりするような記事もあるのです。

株式投資で『会社四季報』を活用するというと、財務データの見方を気にする人が多いかもしれません。

しかし、決算発表の数字で一瞬にして起こる株価の動きに乗ろうとするのではなく、長期で投資する企業を探すのであれば、財務データ以上に「企業の変化」を示す記事に目を向けるべきでしょう。

ですから、生きた読み方をするには、「前後の変化」をチェックするのがお勧めです。

すべての企業の記事に目を通すのは無理なので、気になる銘柄をピックアップし、その企業について「業績予想・材料記事」を時系列で読み比べるのです。

会社四季報』は個別企業の環境変化や業績の変化をいち早く察知して記事にしていることが多く、おおいに参考になると思います。

  ◇ ◇ ◇

■苦瓜 達郎 大和住銀投信投資顧問のシニア・ファンドマネジャー。1990年、東京大学経済学部卒業。大和総研を経て、2003年より中小型株ファンドの運用に携わる。格付投資情報センター「R&Iファンド大賞」国内中小型株式部門において、2012~2017年の6年連続で「最優秀ファンド賞」「優秀ファンド賞」を受賞。

⚡フィスコが急反発、テックビューロから仮想通貨取引所事業を譲受⚡

💥金融関連情報をネットで提供しているジャスダックフィスコ(3807)が4日ぶりに急反発した。

午後0時30分現在、前日比49円(16.6%)高の345円で推移している。一時は369円まであった。

10日に仮想通貨取引所を運営しているテックビューロ大阪市)から仮想通貨取引所事業を譲り受ける契約を正式に締結したと発表し、買い材料視された。

テックビューロ仮想通貨取引所は9月にハッキング被害を受けており、仮想通貨が流出していた。

損失総額は約70億円で、うち顧客からの預かり資産は約45億円だった。

当初は当社から50億円の金融支援を受ける予定でいた。

事業譲渡は11月22日の予定。事業譲渡後にテックビューロは仮想通貨交換業の登録を廃止し解散する。

🎃仮想通貨で儲けるための「オフ会」「ミートアップ」の使い方 🎃

コインチェック事件」の影響もあって、いったん落ち着いたかに見える仮想通貨ブーム。

しかし、『億り人 ハイパーニートポインの仮想通貨1年生の教科書』の著者であり、仮想通貨投資家のポイン@ハイパーニート氏は、

「一過性のブームでは終わらない」「いまから仮想通貨投資を始めても遅くはない」と断言する。

そんな氏に、キーマンたちが集まる「オフ会」「ミートアップ」の活用法と、その注意点について教えてもらった。


オフ会、ミートアップを活用せよ

インターネットによる情報収集と比べると、少しハードルの高い情報収集法を紹介します。「オフ会」と「ミートアップ」です。

「オフ会」はインターネットをきっかけにしてつながった人たちがリアルに集うことです。

「ミートアップ」は仮想通貨の独自カルチャーで、特定の仮想通貨やICOなどのテーマを持った集まりのことです。

一方的なセミナーなどとは違い、参加者同士の交流も盛んに行われます。

仮想通貨の世界では、頻繁にオフ会やミートアップが開催されています。

インターネットでは書きづらいような情報が手に入ることもありますし、何よりも仲間と仮想通貨の話をする楽しみがあります。

僕が最初にオフ会へ参加したのは2017年6月2日、金曜日でした。

その日付を、曜日を忘れないくらい、僕にとって印象的なできごとでした。

あの日があったからこそ、僕のデビュー作(『仮想通貨1年生の教科書』)が生まれた――そう言っても過言ではありません。

さて、僕の最初のオフ会体験ですが、主催したのは僕自身でした。

ツイッターでの交流に飽きたらず、「実際に会って話してみたい!」と思ったのがきっかけです。

僕は「リップラーオフ会」と題してツイッターで参加者を募り、呼びかけに応じてくれたのは10人弱でした。

会場に選んだのは、当時はまだ珍しかったビットコインでの支払いが可能な焼き肉屋です。

肉を焼きながら「リップルの未来は」とか「あのコイン、どう思う?」なんて話ができることが夢のようで、

3時間ほどがあっという間に過ぎてしまったことを覚えています。

今のように一般紙で仮想通貨がニュースになることもほとんどありませんでした。

大多数の人がビットコインリップルという言葉すら知らない時期でしたから、余計に仲良くなれたんだと思います。

そこで会った人とは今でも親しくしています。僕にとっていちばん思い入れのあるオフ会です。

その当時、オフ会やミートアップといえば業界関係者の集まりや、ビットコインの技術的なテーマについてのものがほとんどだったように思います。

ツイッターをきっかけにして知り合った人同士がオフ会を開催するなんてことは、ほとんどなかったように思います。

これは密かな自慢なのですが、今でこそツイッター界隈で当たり前にオフ会が行なわれますが、その流れをつくったのは僕だと勝手に自負しています(笑)

僕はオフ会やミートアップが大好きです。毎週のように2つ・3つと足を運んでいます。

僕がここまで仮想通貨への投資を継続しているのも、実際に人と会って仮想通貨について話す楽しみができたことが、大きな動機のひとつです。

詐欺師「スキャマー」に注意!

僕も今では当たり前にオフ会やミートアップへ参加していますが、なかなか気軽に参加できない人も多いと思います。

「知識がないし、参加していいのだろうか」、「変な人がいたら嫌だな」と悩んだり、「どのミートアップに参加したらいいのだろう」と迷うこともあると思います。

実際、オフ会やミートアップへの参加には注意が必要です。

自分の資産額などは安易に言わないのが鉄則ですし、怪しい紳士が紛れこんでいることも少なくありません。

「今度、あの世界的な大企業も絡んだICOプロジェクトがあってさ。今なら割安で買えるんだけど~」

💀「アービトラージで儲ける自動売買があって、本当は富裕層向けなんだけどセミナーにくれば特別に1口100万円で参加できるから~」

💀「有料のLINEグループがあって、これから100%上がる仮想通貨を教えてくれるんだ。今だけ無料で~」

💀なんて言い出す人がいたら、「もしかすると詐欺師かも!」と考えてください。仮想通貨の世界では詐欺的なコインを「スキャムコイン」と呼んだりします。そうしたスキャム系のプロジェクトをすすめる人は「スキャマー」です。

今だから言えますが、僕が主催したオフ会でも、スキャマーから多くの参加申し込みを受けました。

過去のツイートなどからスキャマーかどうかを判断し、怪しい人であれば参加を断りましたが、それでも紛れこむ可能性はあるので、自分自身で「この人は信頼できるかどうか」を判断する必要があります。

昔からのネットワークビジネスの組織が仮想通貨詐欺に手を出していたり、あるいは半グレ組織が仮想通貨を商材にしてひと儲けを企むような事例は後を絶ちません。安易な儲け話には絶対に近づかないようにしましょう。

情報は発信するところに集まる

ここまで「どうやって情報を集めるか」について記載してきました。

逆説的な話になりますが、「情報を集めるには、情報を発すること」が最大の方法です。

僕がいろんな情報が手に入れられるようになったのは、ツイッターやブログでさまざまな情報を発信し、オフ会を主催するようになってからでした。

情報は発信するところへ集まってきます。僕がツイッターをおすすめするのは、「情報を手に入れるツール」として優れているだけでなく、「誰でも気軽に情報を発信できるツール」でもあるからです。

だから皆さんがツイッターを使うなら「読むだけ」ではなく、ぜひツイートしてほしいと思います。

最初は、自分がいいなと思ったツイートのリツイート(RT)からでもいいですから、自分が発信すること。それがより多くの情報を手に入れることにつながります。

「自分に情報発信なんてできるかな……。読む人なんて誰もいないだろうな……」と思った方、大丈夫です。僕もそうでした。

まさか自分のツイッターにたった1年間で4万人近くのフォロワーが集まるなんて思ってもみませんでしたし、オフ会を主催するなんて考えたこともありませんでした。

でも、そうやって一歩を踏み出したことで、情報がたくさん集まるようになり、投資でも勝てるようになっているという好循環が生まれています。

なによりも、踏み出した一歩によってたくさんの仲間を見つけることができました。オフ会やミートアップでnem bar、サンタルヌー(いずれも仮想通貨が使用できる飲食店)でお酒を飲みながら、仮想通貨の話をする時間が、僕には1億円よりもよっぽど価値のあることなのです。

ポイン

💥仮想通貨流出「Zaif」に3度目の業務改善命令💥金融庁 💥

仮想通貨取引所Zaif」が不正アクセスを受け、約70億円相当の仮想通貨が流出した事件で、

金融庁は9月25日、Zaif運営元のテックビューロ大阪市)に対し、3度目の業務改善命令を出した。

⚡(1)流出トラブルの事実関係・原因の究明、再発防止、

⚡(2)顧客被害の拡大防止、

⚡(3)顧客被害への対応、

⚡(4)過去2回の業務改善命令の内容について、流出を踏まえた改善計画の見直し――を求め、9月27日までに書面で報告するように命じた。

金融庁テックビューロに対し、マネーロンダリング対策、内部管理体制などに不備があるとして、今年3月に1回目、6月に2回目の業務改善命令を出してきた。

同社は同庁に改善計画を提出していたが、9月14日に仮想通貨の流出トラブルが発生した。

同社によれば、入出金用のホットウォレットを管理するサーバがハッキングを受け、

サーバで管理していた「ビットコイン」「モナコイン」「ビットコインキャッシュ」が流出した。

ITmedia NEWS

💥被害額、70億円に修正⚡Zaifの仮想通貨流出⚡

〰仮想通貨大手テックビューロ大阪市)は21日、運営する仮想通貨交換サイト「Zaif(ザイフ)」から不正流出した仮想通貨の被害額が、

〰 当初の発表より約3億円分多い約70億円分だったと発表した。このうち約45億円分が顧客の資産という。

〰流出した仮想通貨3種類のうち、すでに被害額が判明していたビットコイン以外の、モナコイン、ビットコインキャッシュの被害額が判明したため修正した。

モナコインは約6億7千万円分、ビットコインキャッシュが約21億円分だった。ビットコインは約42億5千万円分で変わらない。

朝日新聞社