元日経記者がネット株取引の初心者に解説する「信用取引の怖さ」とは

元日経記者がネット株取引の初心者に解説する「信用取引の怖さ」とは

元本割れすることなく、ローリスク・ミディアムリターンを狙って着実に利益を出していく“石橋を叩いて渡るネット株投資術”(石橋攻略)。今回は、信用取引について説明します。

信用取引は怖いので現物取引だけに限っている」という人が多いようです。数で言えばその方が多数派です。現物取引だけでも毎年、投資金額の1割程度の利益は十分確保できます。

私は現物取引信用取引の「ベストミックス」を提案しています。両取引を並行してやることです。

現物、信用両取引でいずれも利益を出せるのが理想ですが、時には信用取引の赤字分を現物取引で埋めるケースもあります。後で述べるように、信用取引は証券会社に預託したお金の約3倍の取引ができるので当たれば利益も大きいですが、外れると大幅な赤字を出すことになります。現物取引と比べリスクは大きく跳ね上がります。

「石橋攻略」に初めて取り組む方は、少なくとも1年間は現物取引に限り、相場観を養ってください。リスクを伴う信用取引に挑むのは、その後でも遅くありません。

◆証券会社からお金を借りて取引するのが「信用取引

信用取引現物取引とはいくつかの点で大きな違いがあります。

第1の違いは、現物取引が自分のお金で株式を売買するのに対し、信用取引は証券会社からお金や株式を借りて売買をします。

第2は、現物取引にはない「カラ売り」(信用売り)があります。

「カラ売り」とは、証券会社から株式を借りて市場で売却し、一定期間内に買い戻して返却する取引です。

この方法を利用すると、株価が下がると予想される局面でも差益が得られます。

証券会社からある銘柄を100株借り、その時の株価3000円で売却したとします。

数日後に株価が2500円に下がりました。そこで売った株式を買い戻し証券会社に返却します。

この取引で5万円の差益が得られたことになります。

短い期間であれば、証券会社に支払う借り賃、つまり金利は大した額ではありません。

現物取引では、下げ相場の時は上昇に転ずるのをじっと待つだけですが、信用取引の場合は信用売りで売却益を得ることができます。

◆制約がある反面、預け金以上の取引ができる

 

第3の違いは、信用買い(カラ買い)、信用売り(カラ売り)は、6か月以内に決済をしなければならないことです。

現物取引では1年でも10年でも、それ以上でも保有することができます。

 

この6か月の制約は、個人投資家にとってかなり厳しい足かせになることがあります。「安値で買ったと思っていた株が実は高値買いで、6か月経っても買値以下」なら赤字覚悟で損切しなければなりません。

 

第4の違いは、証券会社に預けた資金の最大3倍程度の運用ができることです。

株式取引が「ハイリスク、ハイリターン」と言われる理由の一つに、自己資金の3倍の取引ができることが指摘できます。

現金1000万円を預ければ、その3倍の3000万円の運用が可能になります。

たとえば現物取引で「1000万円で購入した株式が運よく上昇、数か月後に100万円の利益が得られた」という場合、信用取引ではその3倍の300万円の利益が得られます。

逆に株価が下がって現物株の売却損が100万円の場合、信用取引では300万円の売却損になります。

しかも現物株の場合は、株価が下がっても上昇するまで持ち続けることができるというメリットがあります。

信用取引の場合、6か月後も300万円の損失を抱えたままなら、損切り(購入価格以下で売却)しなくてはなりません。その段階で300万円の赤字になります。

信用取引には、以上のように現物取引にはない4つの特徴があります。

現物取引でも、必要に迫られ購入価格を大幅に下回ったまま換金(売却)すれば元本割れに陥ります。

元本が保証される銀行預金と比べれば明らかにリスクはあります。

しかし現物株を短期で売買する場合のリスクは限定されます。

株取引が「ハイリスク、ハイリターン」と言われるのは、もっぱら信用取引のことを指していると言ってよいでしょう。

◆予想が外れた時のリスクが大きい信用取引の怖さ

具体的に見てみましょう。

第1の特徴である「証券会社からお金や株式を借りる」という点。

これには、当然金利がかかります。借りている期間が長くなれば長くなるほど金利が嵩(かさ)んできます。

30万~40万円で購入した株式を6か月ぎりぎりまで保有していると、金利だけで5000円を軽く超してしまいます。

このリスクを避けるためには、売買期間をできるだけ短くしなければなりません。

信用取引の第2の特徴はカラ売りです。証券会社から借りた株式を市場で売り、期限内で買い戻し、返却する取引のどこにリスクがあるのでしょうか。

カラ売りのタイミングは、カラ売り対象に選んだ銘柄の株価がピークに近い状態に来た時です。

過去の株価の推移や業績などを総合的に判断して「これ以上の上昇は期待できない、これからは下落に向かうに違いない」と考えた時です。

ある銘柄の株価が3000円でピークに近いと判断し、証券会社から100株借りてカラ売りしたとします。

予想通り数日後に500円下落すれば、5万円の差益が得られます。1000円下落すれば10万円が得られます。

これはうまくいったケースです。予想が外れ、ピークと思った株価がピークではなく、さらに上昇を続けて3500円になれば5万円の損失、4000円まで上昇すれば10万円の損失になります。

◆損失が莫大になる恐れも

カラ売りが怖いのは、損失が無限大に膨らんでしまう可能性を秘めていることです。

現物取引で3000円の株式を100株購入した場合、最大の損失は株価がゼロになった場合です。この時の損失は投入金額の30万円が最大です。

これに対してカラ売りの場合は、株価が6000円まで上昇すれば損失は30万円になります。

不幸にしてさらに上昇し1万円に達すれば、損失は70万円に膨らみます。株価がさらに上昇し続ければ、損失は無限に増え続けます。

 

もちろん、以上のケースはあくまで理論上はこうなるという説明です。

実際にカラ売りした投資家は、予想に反して株価が上昇を続けるようなら、損切り覚悟で早めに株式を買い戻し、損失を最小にとどめるように動きます。

国内外を歴史的に振り返っても、株取引で大儲けをした人、大損をした人はほとんどカラ売りによるものなのです。

リーマン・ショック後のように株価が何週間か下げ続ける局面では、素人でもカラ売りで差益を上げることは可能です。

アメリカの住宅価格の下落に伴い、サブプライムローン(信用度の低い住宅ローン)を組み込んだ金融商品の信用性が疑われ暴落、その仕掛人的存在だった米大手証券会社、リーマン・ブラザーズが2008年9月15日に経営破綻(倒産)しました。それが引き金になり、同年9月以降、世界の株価は100年に1度あるかないかの大暴落となりました。これがリーマン・ショックです。

 

2008年の世界の主要株価はリーマン・ショックまでは比較的安定していましたが、ショック後の大暴落で、1年間の株価下落率は上海総合株価指数65.4%、日経平均株価42.1%、NYダウ平均株価33.8%、ロンドンFT100種平均株価指数31.3%と記録的な落ち込みを示しました。

NYダウや日経平均はショック後大幅下落を続け、翌年2009年2月頃になりようやく底を突きました。約5か月下げ続けたため、私も小額ですがカラ売りをして一定の利益を得ることができました。

リーマン・ショックのような歴史的暴落の場合は、カラ売りのリスクはかなり軽減されますが、平時の通常の市場でのカラ売りはやはりリスクが大きく、「石橋攻略」では初心者にカラ売りはお勧めしません。

◆石橋叩きのネット株投資術第13回

<文/三橋規宏>

みつはしただひろ●1940年生まれ。1964年慶応義塾大学経済学部卒、日本経済新聞社入社。ロンドン支局長、日経ビジネス編集長、科学技術部長、論説副主幹、千葉商科大学教授、同大学名誉教授、環境を考える経済人の会21事務局長等を歴任。主著は『新・日本経済入門』(日本経済新聞出版社)、『ゼミナール日本経済入門』(同)、『環境経済入門』(日経文庫)、『環境再生と日本経済』(岩波新書)、『サッチャリズム』(中央公論社)、『サステナビリティ経営』(講談社)など。

<゜)))彡仮想通貨「復活」の鐘が鳴る! フェイスブック「リブラ」登場の衝撃 <株探トップ特集>

暗号通貨は将来の投資になりうるか?(⊃∀⊂)

まさに、ご自身の判断によるでしょう!!( ゚∋゚)

 

―2020年サービス開始へ、金融業界に巻き起こる論争の先に見えるもの―

 

 

低迷を続けていた仮想通貨(暗号資産)市場が、にわかに活気づき始めた。2017年末にかけた価格急騰後に一転し暴落した ビットコイン価格は、今春以降、急反騰に転じ「仮想通貨復活」へと期待が膨らんでいる。とりわけ、市場の関心を一身に集めているのが、米フェイスブックによる仮想通貨「Libra(リブラ)」の登場だ。投機性の高いビットコインと異なり、リブラは価格の安定が図られ送金や決済での利用が見込める。その潜在的な成長性は計り知れないものの、懸念要因も少なくはなく金融業界に論争が巻き起こっている。リブラ登場の意味とは何か。そして、これから仮想通貨市場はどう動くのか。

 

 

ビットコインは昨年末安値から4倍強に急騰、半減期による需給好転期待も

 

 

17年を中心に一大ブームを巻き起こした仮想通貨だが、代表的な通貨であるビットコイン価格は17年12月の1ビットコイン=237万円前後をピークに暴落。18年12月には35万円前後と高値から8割強下落した。しかし、今年の春以降、ビットコインは息を吹き返す。6月には149万円台と昨年末の安値から4倍強に急騰し、市場関係者を驚かせた。

 

 

この急騰の背景には何があるのか。市場で囁かれているのは、「米国の利下げ期待で金とともにビットコインに投機資金が流入した」「ビットコイン先物に対する期待が膨らんだ」「米アマゾン・ドットコムによるビットコイン決済への期待が強まった」「マイニング報酬が半分になる半減期が来年5月にも到来し、需給が好転する」――などの思惑だ。そして、フェイスブックが先月18日に発表した仮想通貨「リブラ」への期待がビットコイン価格を一段と押し上げる要因に働いた。

 

 

■リブラの価格安定性に高評価、新たな巨大経済圏構築の可能性

 

リブラは、最新のブロックチェーン技術を使った仮想通貨であり、短期国債などの資産を裏付けにドルやユーロ、円など主要通貨のバスケットと連動させることで極力価値を安定させる仕組みがとられている。価格変動が大きく投機性の強いビットコインと異なる「ステーブル(安定)コイン」としての性格を持つため、送金や決済に向いた仮想通貨とみられている。

 

 

フェイスブックが抱えるユーザーは世界で27億人にのぼると言われ、そのユーザーの一定数を取り込むだけで、たちまち新たに巨大な経済圏が作られることになる。とりわけ、発展途上国の銀行口座を保有しないユーザーにとっては、決済や送金などの金融サービスを享受できるメリットは大きい。

 

 

リブラには、クレジットカード大手のビザやマスターカード、ライドシェア最大手のウーバーテクノロジーズなどが参加しており、使い勝手の向上への期待も大きい。世界中に瞬時に低コストで送金や決済を可能とするリブラは、金融市場を一変させる可能性も秘めている。

 

 

資金洗浄やデータ漏洩などに懸念、金融当局不在に不安感も

 

 

ただ、リブラに対する懸念も少なくない。その一つは「犯罪資金の洗浄などマネーロンダリングに使われる」というものだ。また、「信頼性が弱い国の通貨からはリブラへの資金逃避が起こるような事態」も想定される。さらに、プライバシー漏洩(ろうえい)が問題視されたフェイスブックへの不信感は強く、「金融取引のデータが漏れた場合の悪影響は無視できない」との声が上がっている。フェイスブックが信用不安に陥ったりした際の影響も警戒され、中央銀行や管轄・監督する規制当局が存在しないリブラにどう対処するかが課題となっている。

 

実際、主要国の金融当局でつくる金融安定理事会(FSB)などは、リブラに厳重な審査を求めている。このため、リブラは20年前半のサービス開始を目指しているが、実際にスタートするか疑問視する見方もある。

 

 

■仮想通貨の革新性を再評価、中長期での市場価値の上昇要因に

 

ビットコイン反騰の背景にはリブラへの期待も含まれている。それだけに、今後の仮想通貨市場をみるうえでリブラを巡る議論の行方は注視せざるを得ない。マネックス仮想通貨研究所の大槻奈那所長は「金融当局などの警戒感が強いことは確かだ。しかし、例えばリブラが米国で否認されても、アジアなどのリブラを認めてくれる国や地域にサービス提供の場所を移動させてしまうことはできる。その場合、米国はリブラによる税収を失うことになってしまうだろう。また、フェイスブックがやらなくても、別のプラットフォーマーが同様の仮想通貨を発行することもあり得る」と指摘。リブラのような仮想通貨が登場する流れを後退させることは難しい、という見方だ。

 

 

また、足もとのビットコイン価格は再度、軟化している。「14年の仮想通貨取引所マウントゴックスの破綻後、仮想通貨価格は、やはり高値から8割近く下落し、2年をかけて反騰局面に入った。今回の暴落後の下落率は十分だが、調整期間は1年強で反発状態となった。足もとの上昇はややスピード違反かも知れない」と大槻氏は言う。とは言え、仮想通貨市場にリブラのようなイノベーティブな通貨が登場することを再認識させた意味は大きい。リブラの登場は、中長期的にはビットコイン価格が17年末の最高値更新を目指すことへの期待感を膨らませる要因となっていることは確かだ。

 

株探ニュース(minkabu PRESS)

🐣久光製薬(株)からの感謝のしるしをいただきました!!


f:id:paruparuparukarukarukaru:20190524154350j:image

 

🐤乳酸菌のスティックタイプの粉末が30本入りをいただきました。

 

🐤久光製薬さんありがとうございます( ノ^ω^)ノ

 

乳酸菌は特に体に良いので、健康にはかかせません!

株価は低迷期ではありますが、安定した企業運営と業績向上を期待したいと、思います。

 

( ・∀・)ノ利回り4.4%。「5万円以下」で買える好配当株

投資したいと考える7銘柄のコメント


🐣双日(2768)


新興国を中心に世界で稼ぐビジネスモデルを確立していると評価しています。2019年3月期の純利益は、前期比24%増の704億円と、2期連続で最高益を更新しました。石炭価格上昇で資源事業の利益が伸びました。資源事業への依存が高いことはリスクですが、近年、自動車や航空機、リテール生活産業などの非資源事業の利益も伸ばしてきたことが評価できます。今期(2020年3月期)の純利益について、会社は2%増の720億円と3期連続の最高益更新を予想しています。

 

🐣住友化学(4005)


 高付加価値のスペシャリティ・ケミカルで稼ぐビジネスモデルを確立していると評価しています。医薬品、電子材料、農薬、機能材料などスペシャリティ・ケミカルがコア営業利益に占める比率が75%まで上昇しています。業績は今、踊り場となっています。

 前々期(2018年3月期)の営業利益が2,509億円と最高益でしたが、前期(2019年3月期)の営業利益は27%減の1,829億円でした。今期(2020年3月期)の営業利益について、会社は4%増の1,900億円を予想しています。まだ、利益回復は鈍いと言えます。ただし、来期(2021年3月期)には、有機EL部材や電池材料の拡販などで、さらに利益回復が進むと予想しています。

 

🐣日本トムソン(6480)


 半導体製造装置、工作機械、建設機械、産業用ロボットなどの要素部品として不可欠な直動案内機器、リニア軸受で高い競争力を有します。前期(2019年3月期)は、半導体製造装置、工作機械向けの直動案内機器が全世界で好調で、営業利益は前期比84%増の48億円となりました。ところが、今期(2020年3月期)は、業績が急速に悪化する見込みです。米中貿易摩擦などの影響を受けて世界的に設備投資を抑える動きが広がるため、会社は今期営業利益は35%減の32億円になると予想しています。

 ただし、私は業績悪化は一時的で、米中貿易戦争がエスカレートしなければ、来期(2021年3月期)以降に、業績は回復局面に入ると予想しています。同社株価は既に業績悪化を織り込んで、昨年の高値(1,057円)対比で半値以下の437円まで下がっています。ここからは、来年以降の回復を見込んで、投資して良いと判断しています。

 

🐣三菱UFJ FG(8306)および、みずほFG(8411)


 三菱UFJはPBR 0.4倍、みずほはPBR 0.45倍まで売り込まれています。日本が金融危機にあった1998~2002年の大手銀行株よりも低いバリュエーションとなっていますが、私は売られ過ぎと判断しています。

 両社とも、国内商業銀行業務の収益低下が懸念されますが、海外展開、ユニバーサルバンク経営(信託、証券、リースなどへの多角化)で安定的に高収益を稼いでいく力があると判断しています。海外展開で先行している三菱UFJの方がみずほより投資魅力が高いと考えています。より詳しい説明は、このレポート末尾にある「もっと読む!著者おすすめのバックナンバー」で紹介しているレポートを参照してください。

🐣セブン銀行(8410)


 収益の大半を、提携金融機関からのATM利用手数料で稼いでいます。2018年3月期までは、セブンイレブンの出店拡大に伴う設置ATMの増加によって、安定的に最高益を更新してきました。ところが、国内でのコンビニ出店が飽和に近づき、ATM利用手数料の成長余地は縮小。

 代わって海外事業や決済口座事業の拡大によって、収益拡大をはかっています。米国では、セブンイレブン全店舗へのATM設置を完了。ところが、前期(2019年3月期)は、米国とインドネシア子会社の収益が想定以下で固定資産の減損が発生したため、純利益は48%減の132億円と落ち込みました。

 今期(2020年3月期)の純利益は、会社では前期比102%増の267億円と再び最高益更新を見込んでいます。米国でのATM利用拡大によって米国事業の黒字化が視野に入るなど、明るい兆しが出ています。米国で、セブンイレブンはさらに店舗拡大が期待され、セブン銀行も米国事業が黒字化すれば、セブンイレブンとともに利益を拡大していく余地が高まります。

🐣スカパーJSAT HD(9412)
 有料多チャンネル放送「スカパー」と、衛星通信事業を行うJSATが統合してできた会社。スカパーは、競合激化で加入者が減少し、収益は低迷が続いています。一方、北米上空からインド洋上空まで計17機の人工衛星をも所有する衛星事業が安定収益源となっています。前期(2019年3月期)の営業利益156億円のうち、131億円を宇宙事業で稼いでいます。
  スカパーはこれからも収益低迷が続くと見ています。ただし、衛星事業の収益に依存した好配当利回り株として投資していくのは、問題ないと考えています。

 

🎆資産230億円の投資家cis氏の金銭感覚「うまい棒も10円で十分大きい…」 🙆

30代で資産230億円を達成した個人投資家のcis(しす)氏の話を聞く機会があった。

彼の著書「一人の力で日経平均を動かせる男の投資哲学」(KADOKAWA)には「身につけているものが高いか安いか気にしない」という記述があるが、

ジーンズとパーカーで現れた彼は、確かにお金持ちという感じではなく、ごく普通の青年という印象だ。

そこで「金銭感覚」について幼少期からの歩みをうかがった。

cis氏は法大4年時の2000年にパチンコで貯めた300万円で株式投資を始め、卒業後は企業に就職したが、資産6000万円となった04年に退職。

専業トレーダーとして同年に2億円、05年には30億円近くの資産を築く。

10年以降は100億円台、15年に200億円に乗り、18年で230億円となる。

幼い頃の金銭感覚を聞くと、駄菓子屋での思い出と重ねた。

「自分でお金を稼げるようになるまでは、値段への意識はすごく持っていました。

例えば、駄菓子屋で丸チョコが50円なのに、チョコバットは30円でこんなに大きい、うまい棒も10円で十分大きいじゃないか、みたいな」

費用対効果を考えながら世の中を見ていたcis氏。

投資ではリスクとリターンの兼ね合いを常に意識しているというが、生活面での支出については、15億円を超えたあたりから気にしなくなった。

「タクシー代を気にすることも、洋服を買う時に値札を見ることもなくなって、生活はかなり気楽にできるようになりました。

今は『モノの値段の推移はいくらぐらいだろう』という興味で値札を見たりします」

今は朝8時頃に起きて8時55分にはパソコンの前に座り、前場(午前中)で一番値が動く9時~9時20分くらいに集中する生活。

後場(午後)をして資産を増やすチャンスを狙わないのは、「健康と天秤にかけるとリスクとリターンが見合わないと考えて諦めているから」と語る。

👏「前場(午前)の11時半で終わりです。

昼以降は、気候が暖かくなれば仲間と麻雀を打つ場所にも歩いていくなど、なるべく運動するようにしています。

昔は午後や夜もフルに張り付いたのですが、常にアドレナリンが出っぱなしのような状態で、抜け毛が激しくなるなど体調が悪い時期が続いて。前場だけにした今は調子がいい」

資産を増やすことに現在は執着がないようにみえるcis氏。

「若くて優秀な人が出てきて、時代も移り変わっていく中で、そう簡単に継続して勝ち続けられるとは思っていません。

案外、近い将来、完全引退ではないけど“半引退”が来る気もします」と、セミリタイアも視野に入れつつ、投資を続ける。

「機械部品製造系で3年間サラリーマンをやっていた時、取引先のライン工へ出向し、ひと動作が50銭~3円とか、複雑な時間がかかるやつで20円とか、そうした仕事をやっていた時期があって。

肩はこるし、腰は痛くなるし、時間は長いし…。それからすると、得意なことで大きく稼げている今は天国状態。もったいなくてやめられないですよ(笑)」

(デイリースポーツ・北村泰介)