日産の融資に政府保証1300億円 異例の過去最大規模

政府系の日本政策投資銀行(政投銀)が5月に決めた日産自動車への融資1800億円のうち、1300億円に政府保証をつけていたことがわかった。仮に返済が滞れば8割を国が実質補塡(ほてん)する。大手企業への融資に国民負担を伴う可能性がある保証をつけるのは、極めて異例な対応だ。

 

日産は「(政府保証は)全く承知していない」(広報)、政投銀は「個別の案件は答えられない」(広報)とコメントしている。

大企業への融資に対する政府保証はリーマン・ショック後の2009年、経営再建中の日本航空でも使われた。政投銀は約670億円を政府保証つきで貸したが、翌年に日航が経営破綻(はたん)して約470億円の国民負担が生じた。今回の日産の保証額は日航を大きく上回り、過去最大規模となる。

 

政府はコロナ禍で資金繰りが悪化した企業へ、政投銀などによる「危機対応融資」を3月から実施している。貸す側は融資焦げつきに備え、政府保証にあたる「損害担保契約」を結んで損失を補うこともできる。

 

一連の融資にかかわった金融関係者らによると、政投銀は5月、日産への危機対応融資1800億円を決め、うち1300億円に政府保証を求めた。返済が滞ると、8割の約1千億円を国が負担する。

 

当時は政投銀が融資に応じないと、日産の資金繰りが厳しくなる恐れがあり、政投銀独自の判断で決めたという。多くの下請け企業を抱える日産の苦境が長引けば、日本経済全体に与える影響が大きいと判断した模様だ。
朝日新聞社

前澤友作氏、株投資で44億円の損失を告白 後悔するも「事業で絶対に取り返す」宣言

ZOZOの創業者・前澤友作氏が6日、自身のツイッターを更新。株式投資で44億円の損失を出したことを明かした。

 

書き始めを【猛省】とした前澤氏。新型コロナウイルス禍の影響もあり、「このコロナ禍で乱高下する株式市場に目が眩み、慣れない短期売買を繰り返した結果 #株式投資で44億円の損失 を出してしまったことをここに報告します」とつづった。

 

毎日10万円が10人に当たるという抽選企画や支援事業に取り組んでいる。それだけに、「44億円もあったら、いったいどれほどの人にお金が配れ、どれほどの人を救えたのか。悔やんでも悔やみきれません」と胸中を書き連ねた。最後に、「事業で絶対に取返します」と決意を記した。
ENCOUNT編集部

【日産フィガロ】アメリカで大人気 在庫200台/400万円超えも 理由は可愛さ 日本専門店「輸出せぬ方針」も

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200822-00557432-autocar-ind

 

日産に元気になってほしい!!(^o^)

 

フライトホールディングス赤字縮小!!(^o^)

フライトホールディングスは21年3月期1Q大幅増収・赤字縮小、通期予想は未定 https://m.finance.yahoo.co.jp/news/detail/20200815-00000002-scnf-stocks

日産は赤字予想!今後ガソリン車は淘汰されて環境にやさしいEV車が主流になると予測します!

日産自が一時9%超安と急落、今期6700億円の最終赤字予想と無配を嫌気 https://m.finance.yahoo.co.jp/news/detail/20200729-05201355-kabukei-stocks

キヤノンは減配!業績回復に期待したいですね(^o^)

キヤノン---急落、四半期初の営業赤字や上半期減配を嫌気 https://m.finance.yahoo.co.jp/news/detail/20200729-00935008-fisf-stocks